FC2ブログ
6/2の米大リーグでタイガースのアルマンド・ガララーガ投手が完全試合まであと一人というところで不運な内野安打を許して惜しくも快挙を逃しました。

微妙なプレーだったので監督が抗議したが判定はくつがえらずセーフ。ところがビデオでよく見るとどう見てもアウトです。塁審もあとで誤審と認めたとのことでした。

それに対してガララーガ投手が言った言葉。

「誰もパーフェクトではない。」

なんてかっこいいんでしょうか。
完全試合はとても達成が難しいビッグプレーですが、今シーズンは何とすでに2名も達成しており、もちろん過去にも何人かの達成者がいるわけで、ここでそれに加わったところで「ワンノブゼム」になるだけです。
それより「あと一人で達成するところを誤審で逃した男。」しかも誤審を認めた審判に対して言ったセリフが「パーフェクトな人間なんていない。」 としたほうがよっぽど歴史に残るでしょう。

そこまでよんでこのセリフを言ったとしたらちょっとこすいですが、何のてらいもなく言ったのならめちゃかっこいいではありませんか!
スポンサーサイト



2010.06.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→https://hikaiwalking.blog.fc2.com/tb.php/388-3b950db8